DIY型農業IoTキット

~4万円で農業IoTを実現~

RaspberryPiとPythonを用い、農業IoT装置を自作します。現状、初期投資数万~数十万円、維持費数千円/月程かかる農業IoTの導入を手軽に行うことができます。録画済のコンテンツをご覧頂くWeb講座、対面・オンライン講座を提供中です。また、完成品の販売を準備中です

解決したい課題

IoTを活用した気象・生育データの可視化、各種機器の制御により、病害虫の発生予測・予防、作業負荷軽減、高収量・高品質な生産に向けた環境最適化を行うことが出来るが、既存の製品は初期投資数万円以上且つ利用料として数千円/月が継続的に費用として発生します

解決策=提供サービス

Web講座

Udemyというオンライン授業のプラットフォームにてWeb講座を公開しております。録画済のコンテンツを視聴頂く形なので、いつでも受講できます

対面・オンライン講座

教育機関や企業、自治体様向けに、対面もしくはオンラインにて、キットを作る講座も行っております。お時間、予算、内容はご相談に応じます

完成品販売

(筐体設計中)
講座を受講頂いた方を対象に、センサー類を筐体に納めた完成品の販売を計画しております

結果

受講者数 0
2020/12/20時点の総受講者数

参加者の声(一部)

サービス提供チーム

profile1

代表
佐々木  健介

・石川県出身。1983年生
・趣味は料理、モノ作り、魚突き
・金沢大学教育学部附属高校、東京大学農学部卒
・Arthur D. Little、Boston Consulting Group、リクルートを経て起業

エンジニア
TKC

・静岡県出身。1990年生
・妻と子供と4人暮らし
・ITベンチャーのトップエンジニアとして、機械学習を活用した新規事業開発をリード
・社内外の表彰や講演多数

お問合わせ

お問い合わせは 以下のリンク先よりお願いいたします。