株式会社Fagri(ファグリ)

販路開拓プロジェクト

~直販による販売単価2割増にコミット~

農家さんが小売店への直販を行うにあたっての5つの課題解決方法を20のステップで学び、実際に商談会に出展し単価2割増での販売まで伴走する、~12か月のプログラムです

解決したい課題

農家の所得向上のため、middleman(仲介業者)を介さない直販が有用であるが、職人肌で良いものを作っている農家ほど、農家自身の営業スキル不足で直販を成功させることができない

解決策=サービス概要

  • 直販を実施する上での5つのつまづきポイントに対し、座学とRole play(実践練習)、ときに先輩農家(過去のプロジェクト受講生)から励ましを受けつつ、対処法を習得
  • 実際に販促ツールを作成し、商談会に出て、バイヤーさんと知り合い、営業し、サンプル出荷、出荷、請求までの流れに伴走し、結果(所得向上)まで伴走

価格

  • 自治体からの業務委託(税別250万円)  自治体からご依頼頂き、地元の志ある農家さんの直販を成功に導きます
  • 個人からのご依頼(応相談)       ニーズに応じ、販路開拓プロジェクトの知見を提供し、直販を成功に導きます

特徴

結果を出すまで伴走

座学だけでは、ほとんどの農家さんは最初の一歩を踏み出せません。だから、結果が出る所まで伴走します

インストラクショナルデザイン

農家さんの受講前~後の状態、変化を実現するステップを設計し、無理なく挑戦を成功に導くプログラムとしています

挑戦を当たり前にする

販路開拓という挑戦と成功体験を通じ、地域で「挑戦」する農家さんを増やします

結果

販売単価 0 %Up
参加農家の平均値
売上 0 万円
総販売額(2018年度)

サービス提供地域

ダウンロード

参加者の声

farmer-02

やまがみかん園
宮井 潔さん

生産では努力していたが、販売では、努力の仕方が分からなかった 直販は新しい挑戦であったが、結果を出すまで伴走してくれたため、やり切れた また、一人だと不安が大きくなるし、言い訳する所を、 同じ志を持った農家でチームを組んで商談会に挑めたのもよかった

farmers5

金嘉農園
酒井 能章さん

農家は儲からない、子供に継がせたくないと思う人がほとんどだけど、生産も販売も工夫し、稼ぐ状態に近づいて行ける。この取組をきっかけに、子供に自信もって「継いだらどう」と言える農家になってゆきたい

farmer-01

上友農園
上野山 義人さん

商談会でバイヤーと直接話し、自分の作っているものが求められていることが分かり、もっといいものを作り、直接バイヤーやその先の消費者に届けたいと思うようになった

サービス提供チーム

profile1

(株)Fagri 代表取締役
佐々木  健介

・石川県加賀市出身。1983年生
・趣味は料理、モノ作り、魚突き
・金沢大学教育学部附属高校、東京大学農学部卒
・Arthur D. Little、Boston Consulting Group、リクルートを経て起業

profile4

(株)イージェイ代表取締役
岩崎  亘

・静岡のみかん農家の長男
・早稲田大学商学部卒業
・リクルート、コンサルティング、農業法人を経て、2015年起業
・他に輸出商社、ゲストハウス運営会社等を経営中

profile2

にっぽんやさい代表
山本  桂子

・ 静岡県浜松市出身、祖父が掛川のお茶農家
・農業生産者の営業支援にて2014年に起業
・現在は量販店、外食産業バイヤーと生産者のマッチングを行う

profile3

(株)エガイテ 代表取締役
近藤  亘

・デザイナー、中小企業診断士
・ 東京農業大学卒業
・日本デザイナー学院講師
・地域商社への経営コンサルティングや、ふるさと納税アドバイザーなどを通じ、地域が自ら稼ぐ仕組みづくりを支援

お問合わせ

お問い合わせは 以下のリンク先よりお願いいたします。